鼻 角栓 パック

鼻の角栓にパックは一時しのぎ

鼻の角栓や毛穴の黒ずみ、ケアするとしたら簡単なパックをする事が多くないですか?

 

だけどパックは一時しのぎです。

 

角栓が取れるのは気持ちいいものですが、一時しのぎといわれる理由には
次のような理由からです。

 

開いた毛穴に汚れが詰まる
鼻の角栓をパックを使って取った時、見た目でもゴッソリ取れたのが分かるから、「毛穴ケアした!」っていう実感があるんですが、
それはパックをした直後だけです。 パックをした後、何もしなければ角栓や皮脂は段々と毛穴に詰まってきます。
だから実は「一時しのぎ」的なケアなんです。  
毛穴パックをした後の毛穴というのは、角栓が取れてキレイな状態になっていますが、開いたままになっています。 そのままにしておくと、その開いた毛穴に汚れが詰まってしまい、この汚れが酸化すると黒ずみになるし、角栓が溜まりやすくなってしまいます。 

 

肌も荒れる 
パックでケアをするのは簡単なんですが、例えばシートタイプのだと、バリバリッと剥がしますよね。 
これ、摩擦がかかるから、お肌にはかなりの負担になるし、肌荒れの原因にもなるんです。 特に乾燥肌や敏感肌の人の場合は、このバリバリッが刺激となって、お肌のダメージ度がアップしてしまうかもしれません。 

 

Cただし!後の引き締め、保湿ケアをすることで効果的 

 

「そんなになるなら、毛穴パックしない方がいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、そんな事はないですよ!

 

 パックした後に毛穴が開かないように引き締め、そして水分が開いた毛穴から蒸発しないように、保湿ケアをしっかりしていきましょう。 そうすると、毛穴が開いたままにならないだけでなく、角栓が出来にくい肌にもなるのにも効果的ですよ。 

 

 

 

この保湿ケアをキチンとしていると 

 

@肌を柔らかくする保湿ケアでパックは必要なくなる 毛穴パック後に、保湿をしっかりしていると開いた毛穴から水分が蒸発する事がないし、お肌も潤って柔らかくなります。お肌に水分が保たれていると、キメが整い、毛穴に角栓が溜まったりする事もなくなっていくので、毛穴パックを使ってのケアが必要なくなってくるから、お肌のケアが1つ楽になってくると思いますよ。